<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
鎌倉散策 
 
11月21日の月曜日、鎌倉散策に行ってきました。
紅葉はまだ始まったばかりの鎌倉の秋のひと時をおすそ分け。。


     
寿福寺参道



     
英勝寺(尼寺)にて



     
                   柿が青空に映えて



     
  


     
海蔵寺入り口


     






小町通にてランチ。麦とろ定食。
出汁巻き卵はシラス入り(湘南名物)、赤みのマグロも美味。
副菜が充実でどれも美味しかったです〜♪
(食べ物の写真が一番大きいですわ〜わっはっは^^;)

そうそう、小町通りに出る寸前に、作家の養老さんとすれ違いましたよ。
夫が気がついて教えてくれたときにはすでに後姿。
キレイな白髪のおじさんがちゃりんこゆ〜らゆら漕いで行きました。

帰宅してから養老先生のブログをさがしてみたらありました。
やはり鎌倉在住。四季のお花や愛猫ちゃんの写真など載ってます。



旅・散策 : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
避暑旅行(2) 松本
 
二日目、続きから。

mini_110827_1335.jpg

霧が峰から降りてきて諏訪湖に到着するも、ものすごーく
暑くて15分足らずで退散(汗)
もう高原に戻ろうってことで、途中の蕎麦やにて遅いお昼
私と息子は夜に備えて?一杯の冷やしたぬきを分け合って食べる。


2日目の夕食(一部)

  


今日の洋皿は豚で、蓼科高原ポーク

うぅ・・・車に乗ってばかりで運動量が足りなかったせいか
まったくお腹が減らず。。 もはや美味しいお料理を撮る気力も
生まれずで、食べるのが辛いって久しぶりだったかも(汗)
本当に贅沢な話です。 また利用する機会があったら
宿のご飯は一日で、もう一日は近隣のレストランでも良さそうだね
って話になったほど、品数が多く手の込んだお料理を提供して
くれたのですけどね。

余談ですが、どうぶつ園は食事中で見れなかったけど
しやがれはバッチリ見れましたよ。柄本さんの色々ににのちゃんが
本気で爆笑、うけてるのを見るのが楽しかったわ〜


3日目:いざ!松本


アルプスを背に・・・

しかーし、暑い!めちゃくちゃいい天気だけど、めちゃくちゃ暑い!
日傘か帽子って思ったものの後の祭り、コインロッカーに預けちゃった(><) 
ハンカチやら地図やらで必死に日よけしてお城をぐるり。

  
お堀の睡蓮。 そして、お城の裏手、松本神社を通って旧開智学校へ

 
そして、城下町へ。。


縄手通りの途中の、四柱(よはしら)神社。
一止先生こと翔くんはこの神社の境内を通り抜ける道を
通勤ルートにしていたのだそうです。



女鳥羽(めとば)川沿いにある縄手(なわて)通り
 
縄手通りはシンボルになっているかえるがあちらこちらに。
おみやげ物もかえるのものが多く、息子がカエルの風鈴を購入してました。
町のいたるところでおひさまと神カル、両方のポスターを見かけましたよ。


女鳥羽川
  
 
女鳥羽川にはかるがもや青さぎの姿も。流れに逆らって必死に泳ぐ
カルガモを見つけたので、川岸に下りてしばしそのかわいい姿を
見てましたが、人の気配を察して葉の影に隠れてしまいました。
見えるかな?市街地を流れる川とは思えないくらい水が澄んでいます。

この川は松本城の外堀の役目を果たした城下町にはなくてはならない
川だったとのこと。川の北側(城側)には武家屋敷が居を構え、南側は
宿場街の商店などが並んでいたそうです。

川にかかる橋がいくつかあるので、どの橋かはわからなかったけど
この川にかかる橋を通って一止先生は自宅の御嶽荘へと向かうという
シーンがあったとのこと。


お昼も食べて、3時間半ほどの松本滞在はここでタイムリミットでした。

正直な話、試写会で一回見たきりでは私には『あっ!ここの場所!』って
いうふうにはならなかったのですが(ごめんなさい)、もう一度映画館に
足を運んで、その辺確認しながら映画をまた楽しめたらなって思います。

そして、大大大好きな安曇野へも出向いて、他のロケ地も楽しめたら
最高だわー と、野望を抱いております(笑) 
ロケ地で無くとも安曇野が大好きなんで十分楽しめるのですけどね。


試写会後の感想は公開したらと思っていましたが、この旅行中に
公開だったものでマダ書けてないのですが、原作のよさを残し
とても温かい仕上がりの映画になっていましたよね。
車中で読んだ婦人公論での加賀さんとの対談も良かったなー
お互いが役の気持ちを大切に、現場から離れても持っていたってことが
いいお芝居を生み出していたんだろうなあ。。

と、〆は完全にアラシゴトになってしまったけど、2泊3日良い旅行でした♪
姉一家に感謝。そして松本は完全に母の楽しみとなっていたので
付き合ってくれた息子にも感謝。 

さて、たまりに溜まった録画物はまだ手付かず。何とかせねばー






旅・散策 : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
避暑旅行(1)蓼科
 
おはようございます

夕べ、横浜に戻ってまいりました。

今朝はこの時間(@9時)になって晴れてきました。
まだ暑ささほどではなく過ごしやすい気温なので
高原から帰宅した身にはちょっとありがたい(笑)
でも30度まで上がるとの予報なので、まだまだ残暑は厳しい。

今回の旅行は、2泊3日で蓼科に滞在。
姉夫婦と甥っ子(♂)、そして私と次男との5人旅という
なんだか珍しい組み合わせで、姉たちは車、私たちは電車で
現地で合流という形で行ってまいりました。

最終日は茅野で別れて、私たちは松本まで足を伸ばし
少しの時間でしたが城下町を散策。
下調べがたいしてできず神カルの足跡をたどるものでは
なかったけど、それなりに楽しめたかな。
安曇野への旅で松本には宿泊だけはしたことはあったけど
観光は初めてなのでメジャーなところを散策。
翔くんが磨いた?という松本城へもしっかり行ってきたぞー(笑)


ということで、旅の思い出日記です。



1日目:八王子からあずさに乗り込みで茅野へ。


旅の楽しみ駅弁♪ さばのお寿司&マンゴープリン
2時間くらいの旅なのにしっかりデザートまで買ちゃった。
息子は豚の蒲焼重、うまいうまい言いながら食べておりました〜
 
 
茅野からは東急リゾート内の保養所まで送迎バスで30分程で蓼科高原へ。

  
 エントランス               ロビー

 
 ロビーからテラスに出て森林浴


1日目の夕食(一部)

  
前菜                    刺身

洋皿(お肉も美味しいけど付け合せに地元の野菜が豊富)


 
お造りは追加注文      水菓子

お料理は大満足な品数(というか、私には多すぎるくらい^^;)
全体的に薄味でお野菜がふんだんに使われていたので、何とか
食べることができたかな。贅沢な話ですけどね。


余談ですが、夕食までの間、TVで美男ですよ、でしたっけ?
再放送やっていたのでBGM的に流していたら、ドラマはほとんど
見ない息子ですが、案外面白いなこれ、って。
あはは・・・ 結構はまってましたワ。本編も見はじめたりしてね。



2日目:敷地内朝の散策

   mini_110827_07570001.jpg

 みどり豊かな敷地内を散策。空と雲が近い!(感じがする)空気が美味しい。

   


2日目:ビーナスラインにて湖・高原めぐり。
湖畔に出るまでの白樺林がとってもステキ。写真に納められず残念。

 
白樺湖(アカシヤの葉がキレイだったー) 車山高原(とにかく空と雲が近い!)

     
車山から茅野・諏訪方面を見下ろして

遠く信州の山々が望めるのですが、山頂は雲で山の稜線が見えないのが
残念。途中スコールのように雨が降り出したりもあったけど、全体的に
晴天に恵まれて大パノラマを楽しめたのでよかった〜    
  
 


アサギマダラ

これ、霧が峰の売店で飛んでいた蝶なんですがあまりにキレイな
色なので、追いかけて写真を撮っていたのですがなかなか追いつかず。
あはは、当たり前ね^^;
で、売店の中に入っていったものを売店の方が撮らせて下さいました。
その方の話によると、遠く沖縄まで飛ぶ渡り蝶とのことでびっくり。
帰宅してその生態を調べてみたらまあ楽しい♪
(詳細は蝶の名前をくりっくしてみてね)

日本で唯一の渡り蝶は、蝶愛好家をトリコにしてる様子。
信州では8月末までしか見られないということで、見れて蝶ラッキー!


長くなるので続きは(2)にて




旅・散策 : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
下山すると…
mini_110827_1335.jpg

諏訪湖と夏の雲。

魚を狙っているのか、湖上には
くるくる飛ぶサギ(たぶん)も見れました。

しかし、山から降りてくるとものすごく暑いです。


旅・散策 : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
蓼科の朝
mini_110827_07570001.jpg

おはようございます

今日の蓼科はくもりです。
お部屋のベランダから白樺がみえます。
思わず深呼吸したくなるマイナスイオンたっぷりの林。




旅・散策 : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
息子の旅
 
夕日のアンコールワット(布の絵画)


何回かこちらでも書きましたけど、長男がカンボジアを
旅行してきまして、今朝無事に帰国しました。

心配性の母を思って、旅の前半は2・3回スカイプで話をし
そして後半はたぶん面倒になったんでしょうね(笑)メールで
元気通信してきていました。

帰宅後はお土産品の陳列にはじまり、今日は家族がみな
家にいたので、お昼を食べながらスライドショーで写真をみたり
動画をみたりで、旅の土産話でひとしきり盛り上がりました。


一部ですが写真を提供してもらったので・・・





8日間のうち、実に5日間を遺跡めぐりに費やしたのだとか。
アンコールワットは森林の中から一気にその姿が現れた時
ちょっと感動したそうですよ。
一番印象に残っているのは東のアンコールと呼ばれる
ベン・メリアだそう。ベン・メリアは破壊・崩壊が激しい遺跡ですが
ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われる
遺跡なのだそう。 愛着感あるはず(笑)

残念ながら夕日のアンコールワットは見られなかったようですが
トップに置いた、布に描かれたステキな絵を買ってきてくれたので
しばしその情景に見とれる家族たちでした。
(重くかさばるので額は置いてきて、丸めて持ち帰りましたよ〜^^;)



東南アジア最大の湖、トンレサップ湖の水上集落。
雨季後半には後方の樹木が水没してしまうくらいの水位になるのだそう。


のどかな風景



さとうきびのジュース

アンコール遺跡群への空の玄関であるシェムリアップ空港から
カンボジア入りし、安いゲストハウスに宿泊し、それこそフリープランで
毎日を送っていたようですが、もともと人懐こい性格なので
旅の友は何人も出来、そんな様子も話してくれましたけど
会社を辞めて旅に出たという人、外資で働くリッチウーマンや
父親と同年代のサラリーマン・・・旅の楽しさは出会いによるところも
大きいですよね。

夜の外出も割りと安心だったとか、毎晩繰り出してアンコールビール
なんぞ飲んでいたとか〜

面白い話がまだまだ出てきそうですが、それとは異なる
地雷博物館の話、物乞いをする子ども達の話などには色々と
感じることの多い話だったりします。


家族5人の名前を書いて健康を祈って来てくれたそうです



茶葉やコーヒーのお土産を買ってきてくれたので
先日中華街で購入した茶器を出して、みんなでティタイム♪


飛行機はベトナムにまず入り(成田ベトナム間は6時間ほど)
乗り継いで1時間かけてカンボジア入りするそう。
時差2時間、プノンペンは治安に不安がありそうですが
シェムリアップはなかなか旅行しやすそうな地域のようです。


旅・散策 : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
心新たに一年の幸せを祈る
新しき 年の始めの 初春の
 今日降る雪の いや重け吉事(万葉集より)



今日は嵐友ちゃんと、神楽坂スタートで新宿七福神巡りをしてきました。
一昨年の七福神めぐり は夫と行ったのですが、あの日もすごく寒かったけど
今日も風が冷たくて、途中思わず携帯カイロを購入してしまった私です。

正味2時間で7つの神様にお参り・・・明日は筋肉痛に間違いないです(笑)
でも嵐の話をあれこれしながら歩き倒し、楽しかったね。Yちゃん、ありがとう(私信)


出発は飯田橋。
カナルカフェの正面扉にもお正月飾りがあります。



2つめの大黒天さま。
こちらは小槌をしゃんしゃんと打ち鳴らして参拝。


寿老人さまのお庭には真っ赤な南天。
団体さんもいらして、みなさん長寿のお願い。


毘沙門天→大黒天→福禄寿→寿老人→弁財天→恵比寿神→布袋尊
7つの神様にお参りし、今年一年の健康、幸せ、そして忘れちゃいけない
嵐コンサートのチケットが当たりますようにって、お願いしてきました。

冒頭の句は奈良時代の歌人大伴家持の歌です。
『新しい年の始めの初春の今日、雪が降っている。
この降り積もる雪のように、どうか良いことが重なっておくれ』

稲荷鬼王神社(恵比寿さま)で頂いてきたものに書かれていました。
約1255年前の元旦、この前に左遷された家持でしたが
身の不遇を嘆くことなく、このような力強い希望の歌を読んだとのこと。
今の時代も嘆かわしいことが多々ありますが、家持のような
心もちは大事ですね。 今を感謝して毎日過ごしていけたらと思います。


ちょこっとアラシゴト〜・〜・〜

♪今朝の朝日新聞にゴールドディスク大賞の広告があったのですね。
 帰宅して早速切り取りファイリングしました。昨年はこういうのなかったよね?
 本当にすごいなあ、嵐。。

♪TV誌と女性週刊誌(グラビアだけ)、シネシネをぱらっと見てきたのですが
 シネマシネマはGANTZの特集ページが多くて読み応えありそうです。
 表紙のにのちゃんがステキ。 ところで、$誌卒業なの?

♪秋葉原の駅構内にwii party5人の巨大広告ありました。
 そのwiiやHITACHIのカタログをお友だちから頂き、感謝です。
 うちの近所の電気店では全然見つからなかったのですわ〜

♪翔くん、味の素の新CMに起用。息子のお弁当に使ってみようかなぁ。



旅・散策 : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
横浜散策
みなとみらいの紅葉
 

最近、あまりしていなかった夫との横浜散策にお昼から出かけたら・・・暖かい。。。なんでしょうねぇ?この暖かさ。 ジャケットがいらないくらいの陽気のせいか、山下公園はすごい人出でした。

散策といっても何か一つは目的を持って行きたいので、先ずは県民ホール裏手で開催中のビーズカフェのイベント「ビーズカフェマルシェ」へ。買うつもりはなかったけど見てしまうとかわいいビーズたちに心惹かれ、数個の赤いランプワークビーズを購入。展覧会に間に合わせてネックレスを作るつもり。。

会場のすぐ横にあるレストラン「ホフブロウ」に寄り、そのあと山下公園をぶらぶら。公園通りの銀杏はきれいだったけど落ちた実が踏み付けられるものだから、ちょっと臭いが・・・^^; 食べると美味しいのにねぇ(苦笑)

公園内の大道芸をチラッとみて、象の鼻パーク、赤レンガを通り、ワールドポーターズへ。コーヒーブレイクのあとは桜木町で夫の買い物に付き合い、半日はあっというまにおわり。 陽射しはさほど出てなかったものの風がなく穏やか、気持ちの良い散策ができたなぁ。 

          

夜は家族でフィギュアスケートの鑑賞(フランス大会だから、TVでね) 小塚くん絶好調で優勝。ジャンプもすごいけど、相変わらずきれいなスケーティングだし、ちょっと風格もでてきたみたい。会心の演技だったのでガッツポーズも力が入っていた。おめでとう。グランプリファイナルもすごく楽しみ。 わが家ならではの面白さは、フィギュアオタの息子の実況中継。彼の後を追うように解説者が同じ事を言うので、今の職を失っても解説者になれるわねーって爆笑です。

そして真央ちゃん。ジャンプに不安を抱きながらの演技だったけど、優雅さや技の一つ一つは他の追随を許さない域になっている。リストの曲は真央ちゃんにぴったり。そして藤色のコスチュームが彼女の雰囲気にぴったりで、ただただ見惚れてします。ショートのあとのインタビューは目が真っ赤になっていたし、フリーの後も言葉少ない。でもね、時間をかけてまた最高の真央スマイルを見せて欲しいなぁ。。


旅・散策 : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
京都お寺めぐり 東福寺
東福寺天通橋
 

ここからの眺めが花男Fに!
紅葉の真っ盛りの時はどれほどの美しさなのかな〜


こちらが橋の上



天通橋からの眺望


先に渡ってきた臥雲橋が見えます。
三つの渓谷の中谷にかかるのが天通橋、ということで
反対には偃月橋があり、東福寺三名橋になっているそう。


紅葉してる木もちらほら。。



枝振りが見事です



赤く染まった葉には言葉もいらないという感じです。。



本堂も三門も、思わずご立派だわと声が漏れてしまうほど
威風堂々としてました。。 お庭もため息が出るばかり。。




大阪京都の3日間、最終日はひとりで東福寺までまいりました。
道々のこんな風景も良いな〜なんて感じつつ
たくさんのお寺をめぐる旅も終わりかと思うと
ちょっぴりオセンチな気分になりましたが、家族の顔も
この頃になるとちらちらと浮かぶのですから、不思議ですね。

京セラドームの楽しい一夜と、京のお寺めぐり
お友だちとの会話、美味しい食べ物・・・と、思い出がまた
たくさん出来た旅でした。

最後になっちゃっいましたが、Aさま色々ありがとう。
あおもり貯金がんばろうねー♪



旅・散策 : comments(8) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
京都お寺めぐり 祇園・東山 《2》
知恩院
 

前を通っただけなんですが、やはり圧倒的な大きさです。


青蓮院のあとは、円山公園を抜けて長楽寺というお寺に参りました。
お友だちのご主人からお抹茶&お菓子をいただける券を頂いたので
青蓮院からあまり遠くないところでと選んだお寺が長楽寺でした。

お寺の入口までが長い坂と階段でなかなかたどり着かず
日もだいぶ落ちかけていたものですから、気が焦りました。
それに参拝客ももう誰もいない様子・・・
足元も暗くなりつつある寺内を、若干不安になりながら拝観。
収蔵庫には重要文化財もありましたが、何しろ時間が時間ということで
足早にみて、ちょっと薄暗くなってしまった中のお抹茶タイムでした。

日暮れと参拝客のいないことで、何かとても寂しい印象を受けて
しまったお寺でしたが、意外とどの本にも特集されていて
お庭の紅葉は、京の隠れたる名所なのだそう。




寒桜?時々出くわすのですが
遠くてお花が良く見えないのが残念。。


このあとも、せっかくだからとライトアップが始まった高台寺、圓徳院と
まわりましたが、ここはどちらもたくさんの人出でにぎわってました。

高台寺では秀吉と北の政所をお祀りしてある霊屋(おたまや)で
華麗なる蒔絵を、この霊屋と開山堂を結ぶ階段の屋根が
龍の背のように見えるという臥龍廊(がりょうろう)などを見て
ねねが余生を送ったという圓徳院では、長谷川等伯の水墨画の
障壁画も見ることが出来ました。

どちらもまた昼間にゆっくり見てみたいお寺でした。
(と、写真がないと感想もスピードアップしちゃいます)

夕食は、八坂神社を通りぬけて祇園四条へと出て
お友だちおススメの京寿司のいず重さんへ

さば寿司と箱寿司


赤だしとともに頂きましたが
盛り付けも秋らしく、お味も勿論良かったです。

さば寿司が特に美味しかったので
家族へのお土産にするために翌日も足を運んでしましました。
奈良の柿の葉寿司も好きですが、京寿司もいいですね。

夜食にと(まだ食べるんかい?って・・・^^;)
買って帰ったたこ焼きも美味しかった〜 
ああ、歩いた分は全部カロリー摂取してしまった京の夜でした。。

翌日は東福寺に参りました。
あの花男Fのロケ地ですね。と言ってもすっかり忘れていて・・・
嵐ブログさんでこのお寺に行かれたというエントリーを見て
はて?何か嵐とゆかりがあったかしらん?って携帯で調べて
おおー(><) 京都駅からも奈良線で一駅ということで翌日行くことに。

ということで、京のお寺めぐり、もうしばらくお付き合いくださいまし〜


旅・散策 : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :