<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木曜アラシゴト&雑誌ごと 追記してます : main : 空 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
ニノゴト 硫黄島再び

おはようございます

夕べはぎっちり硫黄島からの手紙を見ました。
DVDにして持ってはいるのですが、オンタイムで見ない限り
なかなか再生しないと思う部類の映画なので、良い機会でした。

何事も忘れっぽい私ですけど、この映画はほとんどのシーンを
覚えていました。アイドル封印のにのの演技は本当にすごい。
謙さんら出演者みなさんの渾身の演技に、戦争の悲惨さが
ひしひしと胸に感じられる一本です。

家族も入れ替えわりですが一緒に観ていたので、にのちゃんが
オーデションを受けたことや記者会見で俳優ではございませんと
言った事など、ちょこちょこ大事な(!)情報も伝えながらの鑑賞でした^^

そして、いまだからこそ、あらためて観て・・・
にのに始まりにのに終わる、すげー映画にでちゃったよね、にのちゃん。
私達嵐ファンの自慢の子だよ(><)
・・・モチロン4人も、いわずもがな!


にのちゃん関連で、MOREの芳麗センパイ教えて恋愛サプリ
更新されていて、にのちゃんの素顔がちらっと見えるの記事が今回も
出ていました。お誕生日に取材だったんですね(一部抜粋)

ニノは「自分が祝われるのは苦手」と再三言っていますが
それは本音だとは思うのですが、だからといって毎年
嫌がっているわけではないし喜んでいるというか、ちょっと
ウケてる風もあります。苦笑いから始まりつつ普通にくすくす
笑い続けていて何だかいつもは見られないニノが見られる。
だから「今年もやったろう!」というノリになるわけです。

ニノが一途で魅せてくれているのは、男気かなって思います。
男気とは、本域で挑んでくれるということ。





嵐・にの : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hinemosu-jun.jugem.jp/trackback/886
トラックバック