<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 嵐にしやがれ たけちゅう篇 : main : 今朝のディスカバリー♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
21人の輪(3) 500キロ離れた約束

地震と津波、原発事故という三重苦のなか、福島県相馬市にある
小学校の6年生が、どう毎日を過ごすのかを見つめるドキュメンタリー
シリーズの第3回。
今回は、少年バレーボールチームに所属し、“全国大会へ出場しよう”と
誓い合った2人の男子に注目。1人は津波で家を失い、夢半ばで故郷を
離れることに。残された少年は、2人の約束を胸に県大会に出場し
優勝を目指す。遠く離れた地から、互いを思いやる姿に寄り添う。

智也くん頑張れ!と声をかけたくなるような今回でしたが
バレー部のキャプテンとして鈴也くんの穴埋めに頑張っていたなあ。
お互いの気持ちが痛いほど伝わってきて、切ない感じではありますが
男の友情とかって、こんな小さいうちからちゃーんとあるんですよね。

今を受け止めて成長していく子ども達の姿に毎回涙がこぼれるけど
確実に日々の生活の営みの中で、思いやりや優しさを育てながら
辛さや困難に向かっていくたくましい心をも育てていく姿っていうのは
見ていて本当に良いものです。

不謹慎かもしれないけど、智也くんは人を惹きつける魅力のある子だ。
ちょっとシャイで、でもそれを見せない様にしてるところが
いいんだよなぁ。。 涙の分だけ優しく強くなれ!

相葉ちゃんは復帰後のお仕事だったかな。変わらぬ優しい声に癒されます。
6年生との対面が、叶うといいなぁ。。

嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hinemosu-jun.jugem.jp/trackback/877
トラックバック