<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 月に願いを・・・ 追記してます : main : 今日のこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
オトノハ更新

翔くんへ

あの日、翔くんは川崎で撮影をしていたんだね。

普段、気丈なまでに涙を見せない翔くんが流した涙は
被災された方々の心にどれだけ寄り添っていたか、想像に難くないよ。
報道に関わるお仕事をしてるから、その想いはなおさらなんだよね。

大ちゃん、相葉ちゃん、にの、潤くんの顔を見てホッとしたって・・・
私たちにとって嵐たちが心の安定剤のように、翔くんにとっても
嵐たちがそういう存在だってことが、なんだか微笑ましい。

微笑ましいって表現はおかしいかな。今はそんな言葉が浮かんだよ。

でも、あまり気を張り詰めすぎないようにね。
そんな翔くんだからみんな翔くんが大好きなんだけど
でもね、今度は私たちファンが翔くんを心配しすぎちゃうから
心を緩めることも忘れないでね。
それには・・・
なるべく嵐のみんなでぎゅっとくっついてると良いよ(^^)

私ね、今日もニュースを見たり、新聞を読んだりしてたら
涙が止まらなくなった。 元気にしなきゃって思うんだけど
言いようもない不安に駆られたりするときがある。

お友達から借りてるきみぺを見たり、時々「あらし」と散歩したり
そんなことで精神安定を図ってる。
ふふ・・時間をもてあましてるせいね(苦笑)

今夜は夕飯作るときにipotで、コンサートDVD見ながら作ったの。
そしたら、相葉ちゃんの
「俺、マックスー」ってことろで、大爆笑しちゃった。
翔くんもここで笑ってるんだ。
相葉ちゃんてば、ホント愛すべきキャラだわー
自分でもめちゃ笑顔になったのが分かった。

節電は第一に、時々嵐に心の充電してもらいながら過ごす。

翔くんも美味しいもの食べたり、お友達と会ったり
そんな息抜きしながら、またZEROで元気な声を聞かせてください。
そして、大事なことを私たちに伝えてください。
あなたの元気は私たちの元気だよ。



嵐・翔くん : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
ゆきぼんさん、こんばんは。
遅い時間に失礼します。

地震の後も更新していただき、本当にありがとうございます。

見ていて心が痛くなるようなニュースが続く中、嵐の番組を見たり、ゆきぼんさんのブログを見たりするときだけは、心が軽くなります。

家は埼玉県なので、地震による直接の被害はなかったのですが、放射線物質による将来的な子供たちへの影響などを考えると、やはり気持ちが滅入るのです。それと同時に、もっともっと辛い思いをしているであろう被災者の方に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

きのうのしやがれの果てない空、迫力がありましたね。
特に翔君の眼力に、決意がこもっているように感じました。
ふろあがりのような髪型にも、気持ちがこもっていたのですね。嵐のファンで良かった!と改めて感じた瞬間でした。
怪物くんも、一生懸命語りかけていましたね。

わたしも、自分に今できることをがんばろうと思います。
ゆきぼんさんも、お体に気をつけて、踏ん張ってください。

| はな | 2011/03/21 1:33 AM |
はなさん、こんにちは

こちらこそ、いつもコメントを寄せてくださり
ありがとうございます。うれしく拝見しています。

みなさん、誰もが同じ気持ちでいる一週間でしたよね。
明るいニュースにもなんだか涙が出ちゃったりして…

はなさんのおうちは直接的被害はなかったのですね。
良かったです。でも、そうですよね、目に見えない
放射能に対しては誰もが畏怖の気持ち抱いてますし
小さい命に対しては万全の体制で臨んでいかないとと
本当に思います。

現場の方は想像を絶する作業をされていると思うのですが
一刻も早く原発の問題が解決されるように天に祈る気持ちです。

そして復興に向けては嵐たちの出番ですね!
日本全国のみんなを元気付けてくれるものと信じてます。
でも、彼らも同じ気持ちを共有してるはずですから
くれぐれも背負いすぎないように、やっていって
欲しいですよね。

優しい言葉をありがとうございます。
はなさんもどうぞ体調に気をつけて過ごしてくださいね。
みんなで踏ん張りましょう!
翔くんの言葉はやっぱり最強ですね(><)


| はなさんへ | 2011/03/21 10:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hinemosu-jun.jugem.jp/trackback/674
トラックバック