<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 時代を経ても : main : 紅葉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
12月になりました

風邪引きもあってゆるゆるしてるうちに12月になってしまった。
11月は6日しか更新してないよぉ ってことでまとめてドン!

まずは、11月末の智くんのBIRTHDAYのお祝いを!
32歳のお誕生日おめでとうごさいましたー!(過去形でw)
こともあろうか釣りに夢中のあまり携帯を水没させちゃって
メンバーからのお祝いメッセに返信もせず、みんなを心配させるなんてー
(と、ほやほやのツイ情報なんか載せてみました^^)
翔さんからのお祝いメッセージはちゃんとわかったらしいので
相変わらずやまやましいのぉ。。
さとちの部屋に集まって仲良く5人で乾杯でもしたかしら、札幌の夜♪

ポプコンツアーパンフによると、次からは違った感じのソロをやる?なんて
意欲的な発言もあった、りーちゃん(笑) 更なる進化とともに
この一年も健康第一で頑張ってね。

いやしかし、この時期に北海道でコンて気をもむよね。
飛行機が無事に飛んで良かった!毎回札幌コンは本当に楽しそうで
また行きたいな〜って思う。出来れば寒い時期を外してね^^

お友達にコングッズのイヤホンジャック(緑)や写真・パンフを買って
きてもらったので、もう東京で買いに行かなくていいかなーって
そんな気分にもなってますが、始まったら始まったで行きたくなるかな。
会場限定を夢中で揃えたここ数年の勢いは衰えちゃったけど、PCの
イヤホンの隣、なんの穴だろ?(笑)さして見てると可愛いので
紫も欲しくなっちゃうな。

今週はユーミンのコンサートへ行って来ましたが、同じ夜にベストアーティスト。
終盤の嵐の歌には間に合って帰宅。 衣装が若干不評でしたけど(笑)
モデルズのファーはよくお似合いでしたよん。 CMはさみってTV前だと
一旦テンションが下がるけど、司会の翔さんが毎年汗だくで息切らしながら
忙しなくお別れってパターンが回避されて良かったんじゃないかな。
それにしてもエイトさんの丸ちゃんが楽しすぎた! それを見て苦笑してる
翔さんの様子を見るのも楽しかったしね。紅白での絡みも楽しみだな〜


アラシゴト以外も。
ユーミンのコンサートは彼女が影響を濃く受けたというイギリスのロックバンド
プルコル・ハルムとの共演という形でのコンサートでしたので、演目はほぼ半々。
プルコルハルムは「青い影」以外、私にはなじみがなかったけれど、彼らの
サウンドは実に心地よいのね。ギターやキーボードの音に酔いしれた〜
そして何よりリードボーカルのゲイリー・ブルッカーの歌声が素晴らしい!
67歳とは思えない伸びのある声にびっくりでしたよ。
いつも聴いてる音源となんら変わりないんですもの。

ユーミンの選曲はしっとり系。オープニングは大好きな「ひこうき雲」
声が温まりはじめると彼女独特の音色が沁みてくる。途中「14番目の月」で
ノリノリのユーミンにあわせて1階席では立って踊ってた方もいたらしく
歌い終わってから客席に向ってムリしないでーっ言ってたけど(笑)
「やさしさに包まれて」の時は会場が一気に優しい雰囲気に。
魔女の宅急便で若い世代にも広がったこの曲はやっぱりいい。

プルコル・ハルムとの共演の様子、ロンドンでのレコーディングの様子が
昨日の「songs」でも流れていたけど「青い影」のコラボは最高!!
アンコールでも再び聞かせてくれたけど、ユーミン熱が入ってたよー

お互いが現役で頑張ってるからこそ、今、しか出来ないコラボだったんですね。
ユーミン自身が夢のようだと語っていたけれど、体感した私達にもじわーと
伝わってきたし、「紙ひこうき」や「翳り行く部屋」など、彼女の作った曲が
いかに彼らに影響されたものか、コラボすることで更に実感できた。
3階席でステージからはすごく遠かったけど、改めて音楽って良いなって
お友達も私も感じた素敵な一夜でした。

ロッキンオン社長はつらいよブログ



11月の覚書

読書
・夏目友人帳1・2巻(コミック)
・式の前日(コミック)
・ソロモンの偽証機Ν供Ν掘ゝ槁瑤澆罎著
・火のみち 上・下巻 乃南アサ著

読了した「ソロモンの偽証」面白かった。
3巻は法廷において真実が明かされていく様が実に見事で読み応えあった。
中学生が直面する現実の色々に辛さは感じつつも、彼らの成長が感じられ
読後感も良かった。オススメです。
「火のみち」は焼き物を扱った作品として興味を惹かれる面もあるけれど
何しろ重くて暗い。青磁に取り付かれてからの主人公は魅力半減。
女性のたくましさが救いかしら。


舞台・コンサート
・「日の浦姫物語」於:シアターコクーン
  11/20 13時半開演
  井上ひさし戯曲 蜷川幸雄演出  出演:大竹しのぶ・藤原竜也
・ユーミン&プルコルハルムツアー於:みなとみらい大ホール
 11/28 18時半開演







エンタメごと : comments(0) : - : ゆきぼん :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする