<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
Happy☆Birthday相葉ちゃん♪

クリスマスイブに生まれた相葉ちゃん、30才おめでとう!

ドームでのお祝いのお席に私も同席できてとっても嬉しかったよ。

サプライズの演出に泣くのを必死でこらえてる君のお顔が焼きついてる。
微動だにぜず瞳を一点に据えていたね。4人がいなくなってから
ビジョンに流れるメッセージを見ながら声を聞きながらこらえていたけど
途中抑えきれない思いが涙となり、ぬぐっていたね。

いつも笑顔を絶やさない人だけれど、ああいうお顔を見ると
ああ、なんて繊細で情感の豊かな人なんだろうって思います。

くれぐれもカラダに気をつけて、この一年も活躍してね。
ドラマ楽しみにしてるよ〜 大好きだよ〜

嵐・相葉くん : comments(0) : - : ゆきぼん :
21人の輪



2011年4月から始まった「21人の輪」、とうとう最終回を迎えました。

磯辺小学校の6年生達を10回に渡って放送してくれたこの番組は
相葉ちゃんがナレーターとして起用されたことから見始めたわけですが
この1年、子どもたちや先生、そして親御さんたちが直面する様々なことに
番組を通して触れられたことで震災をより身近なこととして考えることができた
番組でした。 時にやりきれない気持ちにもなりましたが、子ども達の
心の成長が何よりの希望につながりました。


震災後を語る子ども達の言葉
・素直になった
・ふっとなくなった同級生のことを思い出すけど友達がそばにいてくれて支えてくれた。
・放射能がずっと不安だった。
・ご飯を食べることが当たり前と思わなくなった。
・喜びと悲しみが激しくなった気がします。
 楽しいこと辛いことがたくさんあったのでそうなったのかなって思います。

卒業を控えたある日にたこ焼きで保護者をおもてなし。
家族への手紙を読み上げる子ども達の言葉は家族への感謝の気持ちでいっぱい。
感極まって思わずお子さんをハグするお母さん・・・ステキな光景。

そして、3月11日をむかえます。
避難してる住民の方々が戻り、追悼式の式典へ。
相馬市で亡くなられ方は458名。まだ行く方不明の方もいらっしゃる。
地震後近づいていなかった場所へ向かう男の子達は、その時間を
夏に海水浴した場所でむかえます。

黙祷

深く深く頭をたれる智也くんら、避難先でTVを見入る子達
黙祷後、あふれる気持ちに耐えられず泣き出してしまう子。
心にどれだけのものを負ったのか、小さな体で懸命にこらえる子たちの
胸中を思うとなんとも言いようのない気持ちになります。

土の改良後、はじめて育った青菜を「希望の小松菜」と生産者の方が
おっしゃってましたが、みずみずしくしずくを抱いた青物は本当に
希望を抱かせてくれるように感じました。

子ども達にとって支えは友達。
同じときを同じ目線の高さで過ごし感じあえる存在である友達が
大きな大きな支えなんですね。


子ども達の未来に多くの幸あれと願ってます。卒業おめでとう。

そして、相葉ちゃん。いつか子ども達と会えるといいね。
きっと伝えたいことがたくさんあるんじゃないかな・・・




嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
相葉ちゃん、あさイチに生出演!

今朝のあさイチ、プレミアムトークは相葉ちゃんでした。
イノッチ先輩の番組ですからね、気を許したゆるーいトークに
朝の慌しさを忘れてひと時癒されました。
質問メッセージはなんと1600通以上きたのですって@@

デビュー前後の映像などもあり、若かりし頃の嵐メンの姿も
見ることが出来ましたし、舞台映像なんかも流してくれましたよ。
その舞台でお世話になった宮田さんや、バーテンダーで共演した
津川さんらのお話を伺う事ができて嬉しかったなあ。
それらがまた実に興味深く、相葉ちゃんの素直さを褒めてくださりつつ
その素直さを維持していくことの大切さ、そして難しさといったものを
おっしゃってた。 相葉ちゃんがそれを出来る人であると認めて
下さってのお話なんだろうななんて思いましたが。

お二方はじめ、多くの人との関わりで今の相葉ちゃんがあるんですよね。
彼のひたむきさゆえに、多くの方に愛され育ててもらったんですね。

笑顔の裏にある、悲しみ、寂しさ、慈しみ、優しさ・・・今までも多く感じる
ことがあったけど、たくさんの努力あっての、笑顔の宝石箱なんですよね。
これから歩む人生にも苦難はあるだろうけど、どうかひとつひとつを
受け止め、そして乗り越え、笑顔で私たちを照らして欲しいなあなんて
そんなことを思いながら見ました。

それにしても、今日も昨日のZIPやモーニングバードでもビジュアルが最高!
かっこかわいいんです。目がハートになっちゃうよ。

そうそう、今日の朝日夕刊にもいきものたちの物語特集が組まれていて
相葉ちゃん目線の優しさにあふれた言葉が綴られていて良い記事でした。
映画のための雑誌も買ってあるのですがまだ読み込んでなくて、感想が
まったく追いつかないけど、映画とともに楽しみ。


自炊も頑張ってるという相葉ちゃん、ん〜母はさじかげんが心配デスが^^
私も今日は新しいメニューを作ってみました。ZIPでおなじみ もこずレシピより

  
水菜と素揚げしたかぼちゃとれんこんに、味付けした豆腐を
ドレッシング代わりにしてのせて頂きます。
これ、なかなか美味しい。わが家の定番になりそうです♪
(もこレシピどおりに作ったのに、本家さんのは動画で見ると
ドレッシングがもっとたっぷりです。私のはポップコーンを
ちらしたように豆腐だらけに^^;でもヘルシーでうまし〜)

盛りだくさんになっちゃうけど、読み始めた瀬尾さんの本も面白いし
編み物も着々と仕上がりに向かってます。
そして、今頻繁に聴いてるのは「We never give up!」 きすまいー><
先週のにのラジオでかかった時にツボに入りました(笑)
あ、まだ買ってないですよ!某所でお世話になってるのw
同じく某所で美男の玉ちゃんを見ながら、かつて花男Fを見て
潤くんに堕ちていった時の事を思い出してちょっとヒヤヒヤしてます。 

ちゃんとした映像でみようかなーって、今日買い物ついでに
ツタヤにいってみたら、なんとその店舗には置いてないとのこと。
これは、見ないほうが良いってことなのかしら〜><
んーでも、そのうち探して借りちゃいそうな自分がいるw


  
嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
相葉ちゃんHAPPY☆BIRTHDAY!
 


おはようございます

クリスマスイブの今日は、ましゃきの29歳のお誕生日
おめでとうございまーす 
この一年が、ましゃきにとって健康でHAPPYな日々でありますように。
そしてこれからも特上のスマイルで私たちをHAPPYにしてね。

わが家は全員集合の昨晩に、一足早くクリスマスケーキを
頂いちゃいました。なので、誕生日のプレートはなしですけど
Mステ観ながら心の中でおめでとーっていいながら食べましたよん。

そのMステ。オープニングの衣装がタータンの腰巻でちょっと
英国風。バグパイプでも抱えたら似合いそうでステキでしたよん。
そして楽曲はトリから3番目に。Lotus、Happiness、迷宮ラブソング♪
Lotusは歌うチャンスが少なかったので観れて嬉しかったな〜
バーテンダーの相葉ちゃんはいまだ脳裏に鮮やかです。

Happinessで潤たんが風船で遊んでる様子がなんとも
かわいらしゅうございましたが、迷宮途中に汗だくになっていて
ちょっと新次を思い出してしまいました〜
最近とみに発汗がよろしいようにお見受けしておりますが
荒野でボクシングやって以来代謝がましゃき並に良くなったんじゃ・・・
と勝手に想像しておりますけど、年末風邪を引きやすい潤くんなので
お熱でもあるんじゃなかろうかと心配してる嵐友さんも。。
大丈夫、だよね?
怒涛の年末、体に気をつけて5人で突っ走って欲しいです。がんばれ〜

その後ガガ様がご出演で貴重映像を拝ませていただきましたが
いつだったかライブに行った翔潤もきっと興奮して観ていたのでしょうね。


そして、昨晩は全日本フィギュアもあり、フジとテレ朝をいったりきたりw
だいすけがやってくれましたわ。4回転×3回転!
いざジャンプという助走のとき、息子が4回転来る!って叫ぶものですから
無駄に心拍数だだあがりましたよ(笑)
伊達にスケートオタしてないなあと感心しつつも、コンビネーションを
成功されてくれたものですから、わが家はやんややんやの大騒ぎ^^
たかちゃんも良い演技でしたし、羽生くんは冒頭のジャンプがシングルに
なってしまったけどちゃんと3つ目を決めたので冷静でした。
将来が本当に楽しみな選手です。

そしてそして・・・今日は真央姫の登場ですね。リンクにでて来た瞬間を
想像するだけで泣けてきちゃうんですけど、今の持てる力が発揮できます
ようにと、祈るばかりです。

幸せなことに、明日のフリー演技のチケットを息子が取ってくれたので
急遽観戦することになりました。今週はいろんなことがあって旅の手配も
バタバタだったのですが、うれしいクリスマスになりそうです。
大荒れの天気の中、無事に大阪までたどり着けますように。。



嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
21人の輪(7) 20年後の同窓会
 
11月、福島県相馬市立磯部小学校の学習発表会「白波祭」が行われた。
震災の影響でさまざまな行事が中止されるなか地域の人たちは白波祭が
例年どおり開催されることを喜んでいる。
6年生の出し物は「20年後の同窓会」という劇。その中で、一人一人が
20年後の自分の姿を発表する。
「自分が頑張る姿を通して、大切な人に思いを届けたい」。いつもの白波祭に
いつも以上の思いをかける子どもたちの姿を描く。


忙しかった10月を乗り越えてホッとしていた先月だったので
21人の輪の感想をまだアップできていないことに気がつきましたが
とりあえず昨日の分をアップします。


10月、磯辺小学校では白波祭が開催されます。
自分たちが頑張ってる姿を見せることによって身近な人、そして
地域の人にも頑張ってもらおうということで、20年後の自分達の姿を披露。

先生の、なれるかなれないかではなく
「夢を最大限に広げて」考えるという言葉がステキです。

震災後は前に進めなかったけど、今は少しづつ進めてるのを
実感してるという智也くん・・・放送が始まったばかりの頃の彼は
親友の転校や外で自由に体を動かせない毎日を過ごしていましたね。
時が経ち、一歩一歩でもこうして進めているという気持ちの吐露に
思わずうんうんと頷いてしまいます。

智也くんは台詞を覚えるのに苦労していたけど、運動神経が抜群な彼の
20年後はどうなってるのか・・・もし私が達者であったなら、20年後の
彼を見てみたいなぁなんて思っちゃいます。

当日、それぞれの夢を語る子ども達。見守る家族のまなざしが温かい。
未来のために頑張っていこうという言葉で締められ、ふるさとの合唱。
胸にぐっときます。子ども達の気持ち、ちゃんとご家族に伝わりましたね。
とともに、自分の未来の姿を思い描き演じた子ども達は、これをきっかけに
夢や希望を胸に日々を過ごして欲しいなあと思います。

11月のマラソン大会は例年の半分の距離。
十分な運動が出来ず体力も低下してる子ども達のこと考えての
距離だそうで、育ち盛りの子に与える影響は心身ともにはかり知れない
ものがあります。 

今回も相葉ちゃんの優しいナレーションが心に沁みました。





嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
相葉ちゃんゴト

 とりいそぎ叫んでおきます!

相葉ちゃん、ベストジーニストおめでとう


これから夕方のスーパーニュース、そして明日のWS要録画ですね!
ダメージジーンズ姿楽しみデス♪

 毎日記事



相葉ちゃんゴト追記します



文化放送のタイムテーブルを注文しておいたのですが
今日ようやく手元に届きました♪

相葉ちゃんのレコメンリミックスが金曜夜24時〜放送中。
時間が遅いので毎週とはいかないのですが時々らじこで聴いてます。

パーソナリティの近澤さんが、今月のタイムテーブルで
相葉ちゃんを語ってくださっているとのことで取り寄せて
みたのですが・・・とってもうれしい言葉がいっぱい。

500回を超える放送の中で、一度たりとも
相葉ちゃんが機嫌が悪かったことがない。
人の悪口、愚痴、ぼやきなど一切聞いたことがない、等々。

改めて相葉ちゃんの人柄の良さを感じることができて
読んでいてうれしくなりました。



蛇足ながら、そして親ばかで申し訳ないのですが・・・
うちの長男も機嫌が悪いことがないというのは同じで
(そこだけね、容姿はまったく違いますから(爆))
夫がそのことを時々褒めたりしてます。
本人に面と向かっては言いませんけどね。

常日頃の気持ちの持ち方、生まれ持った性格もあるのでしょうか・・・
ご機嫌斜めになりやすい私としては息子や相葉ちゃんの
そういうところはとてもうらやましい部分で見習いたいです。




嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
21人の輪(5) いつもと違う秋
 
ガレキの撤去は進み、子どもたちが目の当たりにする景色も変わってきた。
しかし、38km離れた原発事故は半年たった今も、暮らしに暗い影を落とす。
父の田んぼを手伝いたいと願う少年や、放射線の影響を避けて転校した
少女の姿を通して、故郷への思いを描く。


一ヶ月に一度の21人の輪、昨日は5回目でした。

夏休みが明けた相馬小学校の校庭では、汚染土を削り取る
作業が行われてます。

龍之介くん、元気そうですね。
代々引き継がれてる青々とした田んぼの脇を通りながら
その田が青から黄金色に変わること、冬の寂しい様子など語ってくれます。
「1人で遊ぶときは田んぼが一番です」
友達の存在は欠かせないけど、1人でいる時間も心をはぐくむ
大切な時間なんだよね。

家庭菜園の野菜は、放射線の数値が測れないので、こどもたちには
わざわざスーパーで買ったものを食べさせてるのだそう。
そして放射線測量値を調べるのが日課、目に見えないからこそ、怖い。

台所をあずかるものとしてこの秋のおコメのことは心配だけど
農家にとっては土の汚染の心配は私達の想像をはるかに超えた
ものですね・・・お父さんの苦悩が心に痛いです。
雨のあとは龍之介くんは田には入れません。

学校では放射線に関することの特別授業。
初めて見る放射線の通ったあと・・・
犠牲者を弔う光が天高く上がる、合掌。。

みいなさんは宮城で避難生活中。
間もなく相馬市に戻るけれど、友達と離れている間
日記を書くことを心のよりどころにしていた。

龍之介くんのお気に入りの場所を案内してくれました。
田んぼ遊びの時に探検してた時に発見したのだそうです。
林の中へずんずん入っていくと、水の音、鳥の声、優しい場所。
湧き水はやがて海に・・・
当たり前だった自然が今は少し大切思える、相葉ちゃんの
ナレーションとBGMが心にじわっとしみてきます。

そして・・・
秋の実りを背に、小さな少年が決意を語ってくれましたよ。

(原発事故が起きて)少しこわいけれど
今もお父さんもやっているし、頑張っていこうと思ってます。
こんなに生き物がいっぱいいる田んぼですから。
絶対この田んぼを守っていく。




嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
21人の輪(4) 仮設と夏休みとハンバーグ
 

おはようございます。

震災から半年・・・
今朝のTVではこの節目の時を、被災地は今、ということで
特集していて、朝の家事の合間合間に見ております。

再建を目指し、生きる活力が生まれてる一方で
変わり果ててしまった海辺の町の荒涼とした映像が
映し出されるとなんとも心に痛い朝です。

そんな震災のあとの子ども達を追ったドキュメント、
21人の輪が昨日の放送でシリーズも4回目を迎えました。
子どもたちのはどんな夏休みを過ごしていたでしょうか。


まずは仮設住宅での様子。
電話がないので携帯で友人らと連絡を取り合っているその部屋には
嵐のポスターがいーっぱい。その中に、番組冒頭にいつもでてくる
21人が輪になった写真もありました。  その写真を見ていたら
ナレーションを相葉ちゃんが担当してる、ということで、子ども達にとって
もしかしてこの番組も何か一つの支えになっているのではないかしら、と
勝手に想像してしまいました。

さて、お父さんの経営するレストランの片付けを手伝っているももちゃん。
そのレストランで食べるハンバーグに「食べるとほんわか落ちつく・・・」と
そんな風に表現していましたももちゃんですが、鏡を使って扉の高いところを
映し出しながら掃除する姿にもお店に対する愛情を感じます。

5ヶ月ぶりにお店にライトがともり感慨深げな親子の姿。
幼稚園からの同級生を失ったこと、家が流されたこと、お店が再開しないこと
何重苦も背負う少女の悲しみが少し和らいだ瞬間でした。

そしてお父さん、翌朝の嬉しそうな顔ったら。
働くお父さんの姿を見守るももちゃんも嬉しかったよね。
そして、開店の夜に食べたハンバーグの味、忘れない味になったはず。

親の言動を表情を子どもは実に敏感にかんじとりますね。
そして子どもは親の背を見て育つものだと、しみじみ感じる回でした。
どうしても親目線で見てしまうからなんですけどね。

夏祭りでの子ども達の様子がほほえましい。
♪涙の数だけ強くなれるよ・・・・ 明日は来るよ君のために

そして2学期が始まり、また教室に子ども達の笑い声が響き渡る。
こんな当たり前の風景が実は一番幸せで、うれしいことなんですよね。


相葉ちゃんの声がいつもより低くでも優しく切なさも含んで、本当に
この21人の輪にぴったりだなって、毎回思います。



余談ですが、お友達から教えていただいて読んでる本がとても
良いのでちらりと紹介を。。

「家族の歌」歌人:河野裕子さんご一家のリレーエッセイ
まだ読み始めたばかりですが、河野さんご一家の愛情に満ちた生活を
感じるとともに、不思議なことに読むにつけて自分と家族との色々な
ことが脳裏に浮かびます。 何気ない日常の、でもちょっと心に残ってる
ことがポンと飛び出してきては考える時間が生まれます。

並行して「父と暮らせば」@井上ひさし著を読んでます。
普通の小説だとばかり思っていたら、戯曲になっているんですね。
先の読み終えた「ブランケット・キャット」@重松清著は、彼の
小説に良くあるパターンの話ではあるけれど、ネコの目を通して
見える人の心理を描いていて読みやすくて良かったです




嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
スカイワード@相葉ちゃん
 

注文しておいたスカイワード9月号がやっと届きました♪
英国のお庭のバラがステキな表紙になってます。

大ちゃん(@ニューヨーク)、潤くん(@JALの方と対談)
そして3番手に登場の相葉ちゃんです。

屋久島の旅の様子が出ています。
そう、来年公開の映画「日本列島」の関係で
訪れた折のものですね。

コンサートMCでも屋久島のお話が出ていましたけど
4日は潤くんも行ったけど、海がめの産卵は見れなかった
というお話があったそうですね。

この特集、とってもステキな写真とお話です。
相葉ちゃん担さんでなくても読んで頂きたいなぁ。


私は九州の地はまだ訪れたことがないのですが
(沖縄は独身の頃に行きましたけどね)
長男が大時代にワンゲルの活動で屋久島に行ったことがあり
話を聞いておりましたし、今回改めて写真を見せてもらったり
話を聞いたら、本誌に出てくるところに行っていたとの事。



さっそく写真を借りて撮ってみました。

白谷雲水峡(看板ですが)、屋久鹿、苔むす森・・・
同じだーってちょっと嬉しくなりました。
ふふ・・・自分が行ったわけではないのにね。

屋久鹿はもうそれこそ至るところで出会うのだそうで
えさを欲しがったりしないの?と聞いたら
人間にもらう必要がないから寄っては来ない、との事。

屋久サルには出会わなかったようですが、大川の滝は
ものすごくきれいな場所だし、苔むす森は延々と続き
神秘的なのだそう。。
2泊3日の旅で、バンガローに1泊、あとはテントを張って
島を縦断したこと・・・などひとしきり旅話を聞かせてもらいました。

少しの時間でも惜しむように旅を楽しむという相葉ちゃん。
翔さんと同じで彼もまた行動的で時間の使い方が
上手なのかもしれない。
あ、でも入院中は暇でもプラモデルを作り上げることは
出来なかったといっていたから、やっぱりアウトドアで
その行動力が発揮されるタイプなんでしょうね。

映画が待ち遠しいなぁ。





嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
21人の輪(3) 500キロ離れた約束

地震と津波、原発事故という三重苦のなか、福島県相馬市にある
小学校の6年生が、どう毎日を過ごすのかを見つめるドキュメンタリー
シリーズの第3回。
今回は、少年バレーボールチームに所属し、“全国大会へ出場しよう”と
誓い合った2人の男子に注目。1人は津波で家を失い、夢半ばで故郷を
離れることに。残された少年は、2人の約束を胸に県大会に出場し
優勝を目指す。遠く離れた地から、互いを思いやる姿に寄り添う。

智也くん頑張れ!と声をかけたくなるような今回でしたが
バレー部のキャプテンとして鈴也くんの穴埋めに頑張っていたなあ。
お互いの気持ちが痛いほど伝わってきて、切ない感じではありますが
男の友情とかって、こんな小さいうちからちゃーんとあるんですよね。

今を受け止めて成長していく子ども達の姿に毎回涙がこぼれるけど
確実に日々の生活の営みの中で、思いやりや優しさを育てながら
辛さや困難に向かっていくたくましい心をも育てていく姿っていうのは
見ていて本当に良いものです。

不謹慎かもしれないけど、智也くんは人を惹きつける魅力のある子だ。
ちょっとシャイで、でもそれを見せない様にしてるところが
いいんだよなぁ。。 涙の分だけ優しく強くなれ!

相葉ちゃんは復帰後のお仕事だったかな。変わらぬ優しい声に癒されます。
6年生との対面が、叶うといいなぁ。。

嵐・相葉くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :