<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
翔さんからのサプライズ
 
と、タイトルだけでは?ですねw

今夜キスマイラジオ(文化放送21時〜)を初めて聴いてみたところ
思いも寄らない翔さんの話が聴けてうれしかった〜

パーソナリティは北山くんと千賀くんの2人。
彼らの新曲(3月発売)とともに、翔さんについてのお話が
それこそ30分のうちのほとんどを費やして語られたので
びっくりするやらうれしいやら。聞き入ってしまったわ〜
なんか、つながりというか、縁を感じましたよん^^

かいつまんで書くと、千賀くんと翔さんが翔さんのお誕生日の
日に会い(なんとフレンチレストラン!)デビューのお祝いを
してくれた、ということでした。
その際、サプライズケーキと大きな花束、直筆のメッセージと
一眼レフのカメラをプレゼントしてくれたのだそう。
カメラは翔さんとお揃いとかw おまけに2人のツーショット写真も
すぐに焼いて一緒に頂いたんですって!

自分のお誕生日にこんな計らいが出来る翔さん、ステキな人です!

メッセージは
「これから人生長いけど、これでいろいろ残していけよ!」

ということで、嬉しくなったのですぐにアップしました♪






嵐・翔くん : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
Dear 翔くん♪
HAPPY・HAPPY・HAPPY・BIRTHDAY!!! 

おはようございます
今日は翔さんのおたんじょうびですね!おめでとうございます!
さとちに続き30代突入です〜><
そんなうれしい日にSPドラマに教師役で出演が発表になりました。
うれしさと同時に、髪を短く・・・なんて記事も出ていてドキドキも
ありますが、いつか伝えたかったという翔さんの気持ち、しかと
受け止めたいなあと思います。
なにより、健康で充実したステキな一年になりますように。



サンスポより
嵐の櫻井翔(30)が4月上旬放送のTBS系スペシャルドラマ
「ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜」(3夜連続放送)で
教師役に初挑戦することが24日、分かった。
第二次大戦後の都立中学を舞台に、戦前の軍国主義教育を
守ろうとする社会科教師を演じる。これまでのソフトなイメージを
覆す武骨な役どころ。

「様々な形で戦争を伝えていく中で、いつかドラマで戦争を
伝えることができたらと思っていた」

「身の引き締まる思いと同時に、気合に満ちあふれています」

「信じるべき未来に葛藤を抱きながらも子供たちと向き合う…。
その姿に、いまだ伝えられていない戦後がある気がします」

「この作品を通じて、大人、そして子供たちの“心の復興”を伝えられたら」


嵐・翔くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
トクだね!を見て。翔さんのこと
 
そういえば、翔さんについて語ることの少ないブログですが
なんて言ったらいいのかな、翔さんは安心の人、っていうのかな。
彼の強い精神性をいつも感じてるので不安になることがないというのか
心配することがないというのか、なので、どんなへたれ役をやっていても
あまりこちらがハラハラドキドキというのを感じさせない人なんですよね。

他の4人には不安にさせられちゃうのかということじゃないんですよ。
そういうことではないのですが、抜群の安心感があります。

安心安定ということは、隙がないということにつながったりするのかな。
インタビュアーの中野さんの隙がないという感想は的を得てるというのか
ちょっとうなずけることです。

最近は智クンのキャラを押し出している感じですが、ちょっと前の出来ない
翔さんというのは、完全に創られたものだったからそこについても
どっしり構えられていたし。翔さん自身もそれをうまく演じてるというのがあった。
繰り返しになるけど、何より、彼の精神力の強さというのをファンになってから
いつも感じてきたし、例えば嵐内でなにかあっても、翔さんがいれば大丈夫って。
でもその何かって嵐の中では起きないような気がしてるんですけどね。
精神的支柱の智くんがいるから。人一倍気使いの人相葉ちゃんがいるから。
何があってもメンバーを守ってくれるにのちゃんがいるから。心優しい潤くんがいるから。
5人が互いに尊敬しあってるという先日のリーダーの言葉を聞いて
より、その想いが強くなりました。

結婚については、子どもがいて、公園に行って、ブルーシートって。
もうその願望をいつかいつか必ず叶えて欲しいと願わずにはいられない。
BBQや花見じゃないんだから、ブルーシートって家族連れじゃなかなかいないよ?
ってツッコミは入れつつ(笑) 平凡などこにでもある光景にあこがれるという
翔さんがステキです。アイドルだけど、普通の人であるってことが私達を惹きつける
ひとつの理由でもあるんですよね。
現実味のないことばかりじゃ共感は得られないもの。彼の書くラップ詞しかり。
同じ時代に生きて、芸能界というある種特殊な世界に身を置きつつも
根っこの人間としての部分にとても魅力を持ってる人、揺るがない人。

自分の行く末、嵐の行く末を不安に思っていた日々も今は昔。
一歩一歩前進してきたからこその自信とたゆまぬ努力で、30歳からの
未来に明るい希望や期待を持ち、何を大切に生きていくのか
自分の役割を感じつつ前へ前へ進んで行きたいという気持ちが
私には凄く感じられたインタビューでした。

しかし、ananはもうカンベンしてくださいね。本人も恥ずかしいでしょうが
見てる私もどうしたら?な感じになる。
ただ、翔さんの照れた顔を見れるのはファン冥利に尽きます(矛盾してますなw)


わわ・・ちょっとイタさを出しすぎたかしら^^ 
夜な夜な書いてるもので。。
そろそろおやすみなさい。


嵐・翔くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
謎ディ始まったね
 
こんばんは☆

謎ディ、始まりましたね!
エンディングの「迷宮ラブソング」は、きゃーきたー!ってなります♪

原作に忠実なドラマでしたが、ミステリーというよりコメディ色が強く
ちょっと変わった演出なのね。見慣れるまで少し時間がかかりそうだけど
週に一度、翔さんを見れるのは幸せ〜♪ 翔さん頑張れ〜!

余談ですが、第1話に出演の晴夏さん(亡くなられた方の役でしたが><)
息子たちが見ていて「ムラサキ〜!」ってww
ヨシヒコのムラサキちゃんってことに私は全然気がつかなかったんだけど
ひとしきりその話題で盛り上がった我が家でした。


そして、おでこのキュートな執事さんを観た後、こっくり居眠りしちゃったんですが
今日は夕方から絵画展の準備を手伝ってきて、帰宅して遅い夕飯の支度。
昨日の仕事の疲れも残っているのでさすがにバテ気味です。
でも、年に一回の展覧会は楽しみでもあるんですよね〜
一週間、仕事をはさみながらお手伝いしてきま〜す♪







嵐・翔くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
朝日新聞♪

おはようございます
今日も相変わらずの猛暑日です。

今朝の朝日新聞、4面使って神さまのカルテ、載っておりました。
すごいなぁ。。

 



人の絆と題して・・・

あなたが時に悲しみにくれ
静に涙を流すとき
ほんの少し深呼吸をして
顔を上げてほしい
あなたは一人じゃないことを
どうか感じてほしい

私があなたに寄り添うとき
私の熱があなたに伝わり
あなたの小さなぬくもりが
また私の心を温める
ここにあなたがいるだけで
私もあなたに救われている

だから今は好きなだけ
寄りかかってほしい
あなたを支えていることで
私も強くなれるから




余談

ついでに(!)新聞をぱらぱらと見たら、先週の視聴率にびっくり。
しやがれが16、0%で6位となー@@
1位は当然キリンチャレンジ杯、で、5位に小出君が観戦
していたというボクシングWBC(ツイで潤担さん、わらわらしておりました~)
それにつぐ視聴率ってすごいなぁ。




嵐・翔くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
朝日新聞:映画「神さまのカルテ特集」
 
おはようございます


今朝の朝日新聞に特集がありました。
見開き2ページに及ぶ特集で、夏川先生へのインタビュー
地域医療で活躍している医師3人(おひと方はご夫婦で)のお話
そして、翔さんへのインタビュー。

要約してしまうと誤解を生じるかもしれないけど自分メモに
あえて箇条書きにピックアップしておきます。

医師役に挑戦して・・・
「救っても救っても命がこぼれおちていく」(@台詞)
医者と患者も出会いなんだなと思いました
お医者さんも全知全能の神さまのような存在ではないということです
心を救うことはきっとできるけど、命は救えない(極論)
役を通じ無力感もおぼえた

撮影時の心の変・・・
「涙を流してないだけで、心では泣いている」(@ハル台詞)
人の命を預かる、命を背負うってこんなに重いのかと
泣かずにいることが難しかった

役を通じて学んだことは・・・
人は一人で生きていかなくてもいい
誰かに寄りかかり寄り添いながら生きている、逆もそう
死の迎え方は100人いれば100通り、こうあるべきだと言葉に
するのは難しいですね

医師とアイドルどちらが忙しいですか・・・
圧倒的に医師じゃないかな
オフの日も気持ちはオフにならないのではないでしょうか
僕は休みの日に呼び出されることはあまりないですから

自分が不治の病になったらどう過ごしたいか・・・
考えたことがないですね、基本は家族と一緒にいるのかな・・・
最後の最後まで仕事やり切れれば良いなと頭の中で今、思います
でもそうなった時にどう思うか、正直わかりません

映画を観て感じてほしいこと・・・
医師も苦しみながら生きている一人の人間だということでしょうか
良い意味で医師を見る目線が少しでも低くなれば良いなと思います
「死」はいつか向き合わなければならないもの
そのいつかを自分に近い問題だと考えるきっかけになればいいですね



人様と比べて多いのか少ないのかはわからないけれど
この年になると、、それなりに医療の場でのことでの経験をしています。
今の医療、医師、看護師さんたちについては、片手間に語ることは
出来ないけれど、医療従事者としての志・信念、かつ、人として
患者やその家族に寄り添ったものを感じさせてくれる医師らに
出会うと、本当に救われる思いがします。

そんなお話とともに、翔さんとあおいちゃんの支えあう夫婦を
しかと見届けたいなって思ってます。



嵐・翔くん : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
おはよう日本





今朝のNHKおはよう日本にて、「神さまのカルテ」の映画音楽に
携わったピアニストの辻井伸行さんへのインタビューがありました。
翔さんのインタビュー映像も流れましたよ。

辻井さんは、初めてで(映画音楽の依頼で)不安もあったそうですが
映画音楽に興味もあったそうで、その過程を簡単にですが
紹介してくれていたので、映画を観る際のひとつの楽しみを
もらった気がします。

ちらっと耳にしたその音楽は、思わず涙がこぼれてしまうような
人の心のひだに入り込む素敵な曲です。
辻井さんは人の心の優しさや温かさを表現したかったとの事。

音楽作りのために撮影現場にも足を運んでいたとのことで
そのことに翔さんは大変驚いたとして次のようなコメントをしていました。

「もしかしたら、その台本や原作の雰囲気だけでも曲が作れたかも
しれないですけども、(撮影)現場の空気感、またその僕と会っての
その印象だったりっていうのを(曲に)反映させたいという熱い想いが
何より嬉しかったですね」(テロップより翔さんの話し言葉を忠実に書き出し)

劇中の挿入曲も作曲されたことは本当に驚きです。
感性豊かな辻井さんの今後の活躍にも大注目です。

そして、何よりこうして多くの人の手によってすばらしい作品に
仕上がったであろう映画に関わった翔さん、完成おめでとう。
公開が待ち遠しいです。



嵐・翔くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
オトノハ更新

翔くんへ

あの日、翔くんは川崎で撮影をしていたんだね。

普段、気丈なまでに涙を見せない翔くんが流した涙は
被災された方々の心にどれだけ寄り添っていたか、想像に難くないよ。
報道に関わるお仕事をしてるから、その想いはなおさらなんだよね。

大ちゃん、相葉ちゃん、にの、潤くんの顔を見てホッとしたって・・・
私たちにとって嵐たちが心の安定剤のように、翔くんにとっても
嵐たちがそういう存在だってことが、なんだか微笑ましい。

微笑ましいって表現はおかしいかな。今はそんな言葉が浮かんだよ。

でも、あまり気を張り詰めすぎないようにね。
そんな翔くんだからみんな翔くんが大好きなんだけど
でもね、今度は私たちファンが翔くんを心配しすぎちゃうから
心を緩めることも忘れないでね。
それには・・・
なるべく嵐のみんなでぎゅっとくっついてると良いよ(^^)

私ね、今日もニュースを見たり、新聞を読んだりしてたら
涙が止まらなくなった。 元気にしなきゃって思うんだけど
言いようもない不安に駆られたりするときがある。

お友達から借りてるきみぺを見たり、時々「あらし」と散歩したり
そんなことで精神安定を図ってる。
ふふ・・時間をもてあましてるせいね(苦笑)

今夜は夕飯作るときにipotで、コンサートDVD見ながら作ったの。
そしたら、相葉ちゃんの
「俺、マックスー」ってことろで、大爆笑しちゃった。
翔くんもここで笑ってるんだ。
相葉ちゃんてば、ホント愛すべきキャラだわー
自分でもめちゃ笑顔になったのが分かった。

節電は第一に、時々嵐に心の充電してもらいながら過ごす。

翔くんも美味しいもの食べたり、お友達と会ったり
そんな息抜きしながら、またZEROで元気な声を聞かせてください。
そして、大事なことを私たちに伝えてください。
あなたの元気は私たちの元気だよ。



嵐・翔くん : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
翔くんのこと

おはようございます。書いておきたいなあと思っていたことが昨日のタイミングで書きそびれたので今日書いちゃいます。

月刊TVガイドのジャニース総選挙のこと。すごく面白い企画で、隅から隅まで読んでしまいました。大ちゃん、にのちゃん、翔くんの名前が出るのは予想の範疇でしたが、改めて翔くんの標してきた道がジャニーズ内で引き継がれているというか、目標や励みというものになってるんだあって感じたので・・・

尊敬する人に翔くんの名前を挙げたNEWSの小山くん。『キャスターつながりで。もう大尊敬です。』 news everyでも活躍中の小山くんですが、コンサートのMCでも翔くん的な役割をしてると聞きます。TVnewsでは翔くんとはまた違った魅力で(さらっとスマートにこなしてる印象なんですけどね)キャスターのお仕事頑張ってますよね。

そして、歌が上手な人で翔くんの名をあげたのはKATUNの田中くん。『すげーラップうまいと思う。言葉知ってるし。翔くんが俺みたいなラップを出来ても、俺が翔くん見たいならラップは出来ない。』 これすごいほめ言葉というか、尊敬の念を感じる言葉ですよね。昨日も書いたけれど、ラップって私は馴染みが薄いものだったので、嵐を知り、サクラップを知り、最初はそれこそ、その魅力になかなか気づかなかったのですが、毎日曲に馴染んでいくうちに、もはやサクラップナシでは何か物足りないような感覚さえ出てきて、あのコンサートでの場の高揚感はラップナシにはありえないくらいの位置づけになってます。

アイドルがキャスターに、アイドルがラップを作り歌う。翔くんの中での未開拓地、まだまだあるんだろうか?行く先を見守っていきたい。 ということで、健康で長生きだね、Rさん(私信)


余談ですけど、知念くんの嵐押しがすごいのね(苦笑)慕われることはありがたきこと。嵐を超える気持ちで頑張って欲しいわ〜 でも、なにせうちの人たち奇跡の5人だからねぇ(^^)

嵐・翔くん : comments(2) : trackbacks(0) : ゆきぼん :
もう一度愛を叫ぼう

今朝は翔くんのお誕生日に触れた部分がちょっと少なくて(汗)
にのちゃん語りをしてしまったのですが、本日フラゲした国立DVDにて
超絶オトコマエな翔くんを拝見し、どきゅんどきゅんして
もう一度おめでとうと、翔くんへの愛を叫びたくなり出てまいりました。
ソロの♪ハッハに萌える萌える。。 また赤がよくお似合いになるんですよ〜

今頃みなさん、DVD見てるんだろうな〜
翔担さん、生きてるかーい。。

翔さんのそれを聴くまでは私ラップなんて興味がなかった。
でも、今はどんどんどんどんサクラップが好きになってるんですよね。
シングルではヤッターマン以来ご無沙汰ということでちょっと寂しいなと。
でも、2月のバーテンダー主題歌で、久しぶりのシングルで聴けるようで
本当に楽しみです。

そして、こと翔くんのコンビごとには、私はやっぱり翔潤萌するのですが
そこは語ると長くなりそうなので割愛し(笑)山コンビについて少し。
お友だちで山コンビさんの好きな人が多いので、ちょっとそのあたり
勉強したいなあと思っておりまする。 あのトラメのハートは大・大・大好きだし
お互いが持ち合わせない部分を尊敬しあってる様子がとてもステキな関係性だなって
いつも感じておりますが、年明けコンサートやしやがれで披露された
お年玉の袋に『ありがとう』と書いてあったという話には、とてもほっこり致しました。
えーっと、潤くんの下心を感じる具体的なお話を聞いてみたいというエピでもあったけども(笑)

今年は映画も楽しみです。ハチクロ大好きだったので、またステキな作品だと
いいなあと、期待しています。 先日みたばかりのトキオも良かったなぁ。。

嵐としていつまでもいつまでも私たちファンの頭上に輝く虹であって欲しいです。
私たちも翔くんにずーと絶景を見てもらうためにがんばる所存です。 with my heart



嵐・翔くん : comments(0) : trackbacks(0) : ゆきぼん :